FC2ブログ

Welcome to my blog

癒縄 命羅のロープヒーリング

緊縛~癒しの力と美しさを求める人へ

 居場所としてのバーがあり、仲間たちがいる。



IMGP3714.jpg


居場所としてのSMバー、よくこの世界で聞かれる言葉だ。
尊敬する大阪の蒼い人も言っていた。

札幌にもフェティッシュ系、SM系、スワップ系などそれぞれのバーがあり、
私はインモラルバー扉という店をメインとしてお邪魔していた。

故人となったマスターの鷹木氏は
少なくとも、バーのマスターとしてはとても気の利く人だった。
穏やかに昭和歌謡、と、いっても徳永や他のアーティストが出している
カバーアルバムが多かったが、落ち着いた曲調のBGMが多く、ゆったりと出来る店だった。

IMGP3812.jpg


たくさんの仲間たちがそこにはいたし、たくさん笑ったし、話した。
たくさん縛った。ショーにもご依頼いただき出演させていただいた。
写真も何枚も飾っていただいた。
すすきので、間違いなく私の居場所の最重要なひとつだった。

倒れる前の日に、井上陽水のコンサートに行く話しをしていた。
その日が彼を見た最後になり、追悼の臨時オープンの時には
家族の体調不良で行けなかった。

でも、なんとなく、仲間たちは惜しみつつも楽しく過ごしたのだろうと思う。
そういう店だった。

画像は時間たっているけど、扉に飾ってもらっていた女の子の物。


もうちょっと、色々な話をしたかった、そう思う。


スポンサーサイト
[PR]

0 Comments

Add your comment